BLOG

ホームページ制作会社のニュース・ブログ

Keep Going.

ホームページ制作に役立つことから、スタッフの素顔まで。

Shopifyアプリ「Wishlist King」でお気に入り機能を導入しよう

Shopifyアプリ「Wishlist King」の機能、使い方

ECサイトでよく見かけるお気に入り機能、Shopifyで使うにはどうしたらいいか。実はアプリを設定すれば簡単に導入することができます。
お気に入り機能は、ほかにも「ほしいものリスト」や「ウィッシュリスト」、「あとで買う」などとも呼ばれ、ユーザーが今は買えない(買わない)けれど買いたい、欲しいと思っている商品を登録しておくための機能です。
あとから見返すことができるリストがあることで、給料日がきてから、あるいはセールやクーポン送付などがあったらなど、ユーザーがその商品を買いたいと思ったときに、すぐに目当ての商品にたどりつくことができる機能で、ユーザーにとって利便性の高い便利な機能となります。
「Wishlist King」は、お気に入り機能を簡単に導入することができる便利なShopifyアプリです。
今回は、Shopifyでのお気に入り機能アプリ「Wishlist King」について解説していきます。

1:「Wishlist King」ってどんなShopifyアプリ?

「Wishlist King」 は、Shopifyアプリストア上で☆4.9という高い評価を受けているお気に入り機能アプリです。


引用元:Shopify app: Wishlist King

「Wishlist King」が選ばれる理由としては、以下の5点が主な理由としてあげられるでしょう。

  • 無料で設定とカスタマイズのサポートを提供している点等、サポートが大変優れている点
  • 非常にシンプルながらお気に入りの基本機能は網羅されており、まだ、ボタンやアイコン、デザインなどのカスタマイズの自由度も高い点
  • お気に入りリストのレポートをCSVフォーマットでエクスポートすることが可能な点
  • 海外製アプリではあるが、日本語はじめ様々な言語に翻訳が可能な点
  • Klaviyoなどのいくつかの他アプリや、複数のSNSとの連携が可能な点

インストールやカスタマイズなどについて、わからなかったり困ったりした場合は無料でサポートが行ってくれる点は、海外製アプリの導入・設定やカスタマイズに不安を覚える担当者にとって非常に魅力的な点といえます。

2:「Wishlist King」はなにができるの?

では、「Wishlist King」で可能になる機能を4つ、具体的に上げていきましょう。

2-1: お気に入りリストのレポートをCSVフォーマットでエクスポートすることができる

Shopifyお気に入り機能アプリ「Wishlist King」は、ユーザーが登録した「お気に入り」リストをもとに、自Shopifyショップにて人気のある商品が何か、また特定の商品の人気度(お気に入り度)をCSV形式のファイルで出力することができます。
このレポートをもとに分析することで、どの商品の動きが早いか、どの商品の需要が高いか、その商品の在庫を多めに持っておくかなどを判断し、必要に応じた最適化を行うことができるようになります。また、分析結果をもとに、なんの商品をセール対象にするかなどのマーケティング計画を立てることも可能となります。

2-2:日本語はじめ様々な言語に翻訳できる

Shopifyお気に入り機能アプリ「Wishlist King」は海外製のアプリですが、他言語対応アプリでもありますので、日本語を選ぶことで翻訳することが可能となっています。
日本語との親和性という意味では、使いやすいアプリといえるでしょう。

2-3:Klaviyoなどの他アプリや複数のSNSと連携できる

Shopifyお気に入り機能アプリ「Wishlist King」は、複数のSNSとの連動(Facebook、Pinterest、X(旧Twitter)、メール、WhatsApp)のほか、Klaviyoなどの他アプリとも連携ができるアプリです。

SNSでの連携では、SNSの共有機能によってユーザーのお気に入りした商品や自Shopifyショップの共有が期待でき、同時に共有による知名度UPも可能になりますし、Klaviyoなどのアプリと連携することでさまざまなトリガーを利用してリマインダーメールなどを送信することができるようになります。
リマインダーメールなどを送信することで、ユーザーにサイトへの再来訪を促し、お気に入り商品の購入へ繋げることもできますし、ほかにもお気に入り登録している商品のセール通知やクーポン配布なども行うこともできるようになります。
※連携可能なアプリは、Klaviyo, GA4, Markets, Collection Filters, Meta Pixel, Hydrogen となっています。

2-4:デザインカスタマイズの自由度が高い

Shopifyお気に入り機能アプリ「Wishlist King」は、お気に入りリストのボタンやアイコン、デザインを自由にカスタマイズすることが可能です。
自Shopifyショップのブランディングイメージにこだわりがある場合など、サイトのトンマナに合わせたデザインにカスタマイズすることで、サイトイメージをキープすることが可能となります。

3:「Wishlist King」の料金体系は?

「Wishlist King」の料金体系は、4パターンが準備されています。
まず、アプリ自体は、無料インストールすることができ、インストール後は14日間の無料トライアルが可能です。


引用元:Shopify app: Wishlist King

料金は、利用しているShopifyの料金プランで変わり、
BASIC SHOPIFY利用の場合は月額$9、SHOPIFYの場合は月額$29、ADVANCED SHOPIFYの場合は月額$49、SHOPIFY PLUSの場合は月額$99
 となっています。
機能の制限は全プランなく、年払いの場合はどのプランにおいても17%の料金割引となります。

まとめ

お気に入り機能はネット通販において、定番機能の1つとなっています。
お気に入り機能が定番と言われる理由としては、なによりその機能から売上げにつながる可能性が高く、またマーケティングデータとしても活用することが可能な点といえるでしょう。
Shopifyアプリ「Wishlist King」は、シンプルながら基本機能を網羅し、またデザインカスタマイズ性も高い、使い勝手のよいお気に入り機能アプリです。その安定性と使いやすさが高評価の理由となっているお気に入り機能アプリですので、Shopifyショップへお気に入り機能の導入を検討している方は、ぜひ14日間の無料トライアル期間を利用してみてください。
もちろん、どんなアプリが自社サイトに適しているのかわからないという場合など、ShopifyやShopifyアプリでお悩みの際は、お気軽にMH DESIGNSまでご連絡ください。
Shopify公認パートナーである弊社が、ご要望をお伺いしShopifyでの最適なご提案を致します。

関連記事

Shopifyアプリ「Langify」における自動翻訳機能の使い方
Shopify多言語アプリ「Langify」で自動と手動翻訳の合わせ技を活用しよう
Shopifyアプリ「Inbox」の機能、使い方解説
Shopify公式チャットボットアプリ「Shopify Inbox」でECの購入率をUP!
Shopifyアプリ「Jolt」の機能、使い方
Shopifyアプリ「Jolt: AIブログと画像作成」でブログを活用しよう
Shopifyアプリ「BOOSTER SEO & IMAGE OPTIMIZER」で画像読み込みの最適化を!
Shopifyアプリ「BOOSTER SEO & IMAGE OPTIMIZER」で画像読み込みの最適化を!