BLOG

ホームページ制作会社のニュース・ブログ

Keep Going.

ホームページ制作に役立つことから、スタッフの素顔まで。

Shopify多言語化アプリ「Langify」でサイトを複数言語に翻訳表示

ShopifyポイントアプリLangify」で多言語化機能を追加する

Shopify多言語化アプリ「Langify」は、訪問ユーザーに合わせて、サイトの表示言語を変更することができる多言語/翻訳アプリです。
サイトの表示言語を変更するといわれてもピンとこない方もいるかと思いますので、具体的にどんな機能が導入されるのか説明しますと、ECサイトに訪れた際、画面に表示されるプルダウン(スイッチャー)から自分の表示したい言語を選択して、表示を切り替えた覚えがある方もいるのではないでしょうか。
多言語化アプリ「Langify」は、この機能をShopifyショップに簡単に導入することができるアプリになります。
このアプリを導入することで、Shopifyショップの表示言語をユーザーが選択することができるようになりますので、ターゲットユーザーを日本国内だけでなく、「Langify」で設定した言語を用いる国々や人々にまで拡大させることができるようになります。
Shopifyの自社ショップで海外展開を考えている場合や海外向け商品/商材を取り扱っている場合には、是非とも導入しておきたい多言語翻訳アプリの1つが「Langify」なのです。
そこで今回は、Shopify多言語化アプリ「Langify」について解説していきます。

1:「Langify」ってどんなShopifyアプリ?

「Langify」 は、Shopifyアプリストア上で☆4.8という非常に高い評価を受けている多言語化アプリです。


引用元:Shopify app: Langify

「Langify」が選ばれる理由としては、以下の6点が主な理由としてあげられるでしょう。

  • 多言語化したShopifyサイトの表示言語を手動、自動のいずれでも選択・表示できる
  • 翻訳した言語のページごとに別ドメインが設定でき、言語に合わせたSEO対策が可能
  • 追加可能な言語数は無制限
  • 最大20の言語に翻訳可能(右から左に読む言語(アラビア語など)にも対応)
  • 言語のデータのインポート・エクスポートが可能
  • コーティング不要の、シンプル操作のみでストア内を多言語化することができる

2:多言語アプリ「Langify」はなにができるの?

では、Shopifyの多言語アプリ「Langify」を導入することで可能になる機能を4つ、具体的に上げていきましょう。

2-1:最大20の言語に翻訳可能で、追加できる言語数は無制限

Shopify多言語化アプリ「Langify」では、アラビア語などの右から左に読む言語を含め、最大で20言語に翻訳することが可能です。
また、翻訳アプリや多言語アプリの中には、言語追加の場合は別途料金が発生するものも少なくないですが、Shopifyの多言語化アプリ「Langify」の場合は、追加することができる言語の数についても無制限で追加ができ、別費用が掛かることはありません。

2-2:多言語/翻訳した言語のページごとに別ドメインが設定できる

Shopify多言語化アプリ「Langify」では、表示したい言語を設定する際にその言語表示でのドメインを設定することができます。
上記の別ドメインは、SEO最適化されたドメイン構造となっており、加えてSEO対策として必要なメタタグなどについても翻訳がされるため、海外の検索エンジンでも自社Shopifyショップがヒットする可能性が高まります。
多言語化できてもSEOが最適化されていなければ、海外の検索エンジンでの自社Shopifyショップの表示順位が好ましい結果とならず収益につながりにくくなってしまいます。その点、Shopify多言語アプリ「Langify」は多言語化した各ページにおいてもSEO対策が施されますから、大変魅力的です。

2-3:コーティング不要の、シンプル操作のみで多言語設定ができる

Shopify多言語化アプリ「Langify」では、ノーコーディング(コーディング不要)で各言語の表示設定を行うことが可能です。
また、設定により、訪問ユーザーの優先言語に自動でShopifyショップの表示言語を切り替える設定にすることも、ユーザーが手動で言語を切り替える形式にすることも、どちらも可能となっています。

2-4:多言語化用の言語のデータのインポート・エクスポートが可能

Shopify多言語化アプリ「Langify」は、名称通り、多言語に対応したアプリではありますが、完全自動翻訳機能が付属しているわけではないため、各商品や説明文などを手動で設定する必要があります。
こうきくと翻訳文章の作成や登録作業の手間と時間とで、ハードルが上がる気がする方もいるかと思いますが、多言語アプリ「Langify」は言語データの一括登録(インポート)やエクスポートが可能となっていますので、登録だけでなく変更や修正も簡単に行うことができます。
※対応しているファイル形式は、CSV、gettext、XLIFF、JSONの4種類となります。

3:「Langify」の料金体系は?

多言語アプリ「Langify」の料金体系はシンプルです。
まず、アプリ自体は無料インストールすることができ、インストール後は、7日間の無料体験が可能となっています。


引用元:Shopify app: Langify

無料体験期間終了後の有料プランは1つのみで、月額$17.50となっています。
※他にオプションとして、自動翻訳単語についても10,000単語あたり$4.99で、別途購入ができます。

まとめ

海外へ商品や商材を販売する際、ネックになるのはやはり表示言語の壁です。
ですが、この表示言語をターゲットユーザーの国や地域、エリアに合わせて切り替えることができるようにするためにその言語用のサイトを構築する必要は、Shopifyではありません。多言語アプリや翻訳アプリを導入することで、その機能を実現できるからです。
Shopify多言語アプリ「Langify」は、Shopifyショップの海外展開を検討している担当者はもちろん、越境ECとして既に運営している担当者にとっても便利な多言語翻訳アプリです。多言語アプリ「Langify」には、7日間の無料体験期間が設定されていますので、多言語アプリや翻訳アプリの導入を検討している方は、ぜひ試用してみることをお勧めします。
もちろん、どんなアプリが自社サイトに適しているのかわからないという場合など、ShopifyやShopifyアプリでお悩みの際は、お気軽にMH DESIGNSまでご連絡ください。
Shopify公認パートナーである弊社が、ご要望をお伺いしShopifyでの最適なご提案を致します。

関連記事

Shopifyアプリ「Langify」における自動翻訳機能の使い方
Shopify多言語アプリ「Langify」で自動と手動翻訳の合わせ技を活用しよう
Shopifyアプリ「Inbox」の機能、使い方解説
Shopify公式チャットボットアプリ「Shopify Inbox」でECの購入率をUP!
Shopifyアプリ「Jolt」の機能、使い方
Shopifyアプリ「Jolt: AIブログと画像作成」でブログを活用しよう
Shopifyアプリ「BOOSTER SEO & IMAGE OPTIMIZER」で画像読み込みの最適化を!
Shopifyアプリ「BOOSTER SEO & IMAGE OPTIMIZER」で画像読み込みの最適化を!