BLOG

ホームページ制作会社のニュース・ブログ

Keep Going.

ホームページ制作に役立つことから、スタッフの素顔まで。

Shopify配送料設定アプリ「Intuitive shipping」で条件に合わせた送料設定を!

Shopify配送料設定アプリ「Intuitive shipping」

配送料設定アプリはShopifyアプリストア上にたくさん公開されていますが、自社ECの配送料の設定要件にあうものを選ぶとなるとなかなか大変な作業です。
配送料の設定は、配送方法やパッケージサイズ、離島か否かをはじめとした設定のほかにも、一定購入金額以上などの条件下での配送料無料設定など、様々な設定要件があると思います。

この配送料設定アプリ「Intuitive shipping」は、通常のシンプルな配送料設定だけではなく、様々なルールをもとにした条件での配送料設定も使用可能にするShopifyアプリです。
そこで今回は、Shopifyでの配送料設定アプリ「Intuitive shipping」について解説していきます。

1:「Intuitive shipping」ってどんなShopifyアプリ?

「Intuitive shipping」 は、Shopifyアプリストア上で☆4.9という非常に評価の高い配送料設定アプリです


引用元:Shopify app:Intuitive shipping

「Intuitive shipping」の評価が高い理由としては、以下の5点が主な理由としてあげられるでしょう。

  • 配送料設定の柔軟さが非常に高く、顧客タグやコレクション、時間帯など、40を超える条件を利用して配送料を設定・管理することができる。
  • 配送の説明をカスタマイズして、チェックアウト時に配送料の下に特別な案内やメモ、通達を表示するように設定することができる。
  • カスタマイズ可能な配送料無料トリガーを設定して、特定の顧客に対して、あるいは一定以上の購入金額の場合に、配送料無料の設定を行うことができる。
  • さまざまな種類の配送方法サービスから選択・設定することができる。
  • 配送ゾーンを使用することで、商品を発送できる地理的地域の制御設定をすることができ、これにより特定の郵便番号で顧客に配送オプションが表示されることを許可または禁止することができる。

海外製アプリのため、導入や設定の際の英語表示に敷居の高さを感じる方も多いかとは思いますが、送料設定の柔軟さについての評価は高く、特に条件を設定することによる配送料管理や、送料無料トリガー、配送オプションの表示管理機能など、魅力的な機能の多い配送料設定アプリといえます。

2:「Intuitive shipping」はなにができるの?

2-1:条件に基づく配送料の制御設定ができる

例えば、商品ベースの配送料や、小売顧客と卸売顧客に対して異なる配送料が設定されている場合、あるいは重量やカート内の商品数に基づいて送料を計算する必要がある場合、購入金額が設定している一定以上の金額である場合など、様々な条件を使用して、顧客タグや配送タイトル、送料の混合など、40以上の条件を組み合わせて、送料を設定・制御することが可能です。

2-2:条件付き送料無料の設定が可能

今日、「10,000円以上送料無料」などの表示をネット通販サイトで見かけることが当たり前となっています。配送料無料まであと少しなら、何かあと1つ購入すれば……と、既に購入を予定しているものがある(購入意欲がすでにある)ユーザーは商品の追加へと移行していく可能性が上がります。
条件付きの送料無料は販促施策として、大変有効な手法の1つといえるでしょう。
ですが、配送先や商品によっては、配送料無料の対象外の設定にしたいケースもあることでしょう。
そういう場合にも「Intuitive shipping」は対応が可能となっています。特定の商品や配送先を配送料無料の対象から制限する機能を使うことで、除外設定が可能となります。

2-3:「SmartBoxing」による正確な寸法率をもとに配送料を算出できる

「Intuitive shipping」の提供元であるIntuitive Shipping Incは、「SmartBoxing」という寸法レートを取得・計算する独自のアルゴリズムを持っています。
この「SmartBoxing」を使用して、注文ごとに適切な箱のサイズ、重量、およびボックスの数などを自動的に計算して、正確な配送料が表示されるようになっています。

3:「Intuitive shipping」の料金体系は?

「Intuitive shipping」の料金体系は、4パターン設定されています。
まず、アプリ自体は、無料インストールすることができ、インストール時点で無制限の無料トライアル可能なサンドボックスとなります。
またライブモードにおいても15日間の無料トライアルが設定されています。


引用元:Shopify app:Intuitive shipping

料金は、ECサイト内の注文数で変わり、
Growthプランの場合は$70で500件、Businessプランの場合は、$150で2,000 件、Professionalプランの場合は、$300で5,000件
というように設定されています。
なお、いずれのプランの場合も、「Intuitive shipping」の機能は全機能使用することが可能です。
また、いずれの有料プランを選ぶ場合でも「サンドボックスでの無制限の無料トライアル」、「ライブモードでの15日間の無料トライアル」については利用可能ですので、自社ECの注文件数をもとに、実際に試用して確認してみることができるようになっています。

まとめ

ECサイトの配送料設定は、アプリを選ぶときに実に頭を悩ませる項目の一つです。
どんな配送料設定アプリが自社ECサイトに適しているのか選定する際、自社ECで行いたい配送料の条件についてあらかじめリストアップしておき、それらの要件を満たすものを吟味するようにしましょう。
「Intuitive shipping」には無制限の無料トライアルと15日間のライブモード無料トライアルが設定されていますので、ぜひ検討してみてください。
ShopifyやShopifyアプリでお悩みの際は、お気軽にMH DESIGNSまでご連絡ください。
Shopify公認パートナーである弊社が、ご要望をお伺いしshopifyでの最適なご提案を致します。